こんにちは、操身術の中島です。

最近、まったく未経験の分野を研究してみようということで、相撲技の研究を始めました。

 

参考図書は、こちら「大相撲決まり手大図鑑全82手」です。的確でわかりやすい技のコツまで載っていて、すごくおすすめです。相撲観戦が楽しくなります。

 

 

とりあえず、メジャーな相撲技、上手投げ・下手投げ・小手投げ・すくい投げ・出し投げについて研究しました。

 

 

 

 

 

やってみると、当たり前といえば、当たり前ですが、相撲も力だけではなく「理合いだなあ」と思いました。

特に、相撲の投げ技が決まるのは、土俵の外に出ないようにしないといけなかったり、手を地面に着けなかったりするからだと思い込んでいましたが、実際にやってみると普通に投げられてしまいます。
柔道をやっていた感覚では、腰に乗せたり、担ぎ上げたり、脚を払ったりしないと、人を投げるのは、難しいように感じていたので、相撲技のしくみがとても新鮮でした。
合気をはじめた時にも感じましたが、1つの武道だけでは感じられないものがあります。
やはり、武道は奥が深い。